【MLB】マー君、徐々に復調か?!

メジャーリーグ

【MLB】マー君、徐々に復調か?!

マー君、7回失点で2連勝! 復調!

味方打線も大量援護、中4日でヤンキースタジアムで好投!

ヤンキースの田中将大投手は19日(日本時間20日)、ヤンキースタジアムでのホワイトソックス戦で先発し、7回6安打1失点6奪三振2四球で今季2勝目を挙げた。今季初の中4日のマウンドで、味方の好守もあり危なげない投球で最少失点。打線の大量援護もあり、ヤンキースは9-1で勝利して田中自身2連勝。

田中は初回、3者凡退の好スタート。ヤンキース打線はその裏にヘドリーの2ラン幸先よく先制した。
ヤンキースは2回も2点を追加し、4-0とリードを広げる。田中は3回は3者凡退の好投。4回は先頭アンダーソンに二塁打を許すと、1死からアブレイユにも二塁打を浴びて1点を返される。さらに、ガルシアには四球で1死一、二塁とするも、アッシュは空振り三振、サンチェスは投ゴロに打ち取り、1失点で切り抜けた。

田中は5回はストライク先行で9球で3者凡退に抑える好投。すると、その裏にヤンキースはカストロの3ラン、ジャッジのソロで4点を奪い、7点リードとなった。6回、田中は1死からカブレラ、アブレイユに連打を許すも、ガルシアを遊ゴロに仕留めると、アッシュはレフトフライ。味方の好守もあり、2点目は与えない。

7回は先頭サンチェスに二塁打を浴びたが、ナルバエスは一ゴロ。ガルシアは力のある高めへの直球、サラディーノは外角低めへのスプリットで連続空振り三振。7点のリードを守り、96球で降板した。
ヤンキースは8、9回と救援陣がリードを守り、9-1で快勝。開幕戦で3回途中7失点と打ち込まれた田中は、2戦目も5回3失点で白星がつかなかったが、7回途中3失点だった前回登板から2連勝。96球を投げてストライクは63球。防御率は6.00。

すっきりとしない投球が続いていたが、この日はボールを低めに集める安定感のある内容で、エースとしての役割を果たし、今後の活躍に期待したい!

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ